ウール100%

気ままにニュージーランドについて綴るブログ

コラム

イエローアイドペンギンが暮らすブッシービーチに降りられる時間が変更されたようです

投稿日:

nz-endemic-yellow-eyed-penguin

ペンギンの街として愛されているオアマルには、ブルーペンギンとイエローアイドペンギンの2種類が生息しています。

その内の1つ、イエローアイドペンギンは目の周辺から後頭部にかけて太く黄色い模様が特徴的なニュージーランドの固有種のペンギンです。エドワード・ヒラリー卿と共に5ドル紙幣に描かれているニュージーランドを象徴するペンギンでもあります。

オアマル周辺に生息するイエローアイドペンギンは、主にオアマルの街から3kmほど離れたブッシービーチにコロニーを形成し、気軽にペンギンが観察できる場所として知られていますが、いつ頃からかビーチに降りられる時間帯が変更されたようです。

bushy-beach-access

前回このビーチに訪れた2011年12月には午後3時までビーチに降りる事が許可されていましたが、現在は午前9時から午後3時までに短縮されています。この為、以前は早朝ペンギンがコロニーから海へエサを取りに出発する様子をビーチに降りて観察する事が出来ましたが、現在は出来なくなっています。

私はペンギン保護官の方から早朝のペンギン観察について教えてもらい、観察に行った時にはペンギン保護官の方しかビーチいなかったので、当時は早朝にペンギンを観察をする人は稀だったのかもしれません。

ビーチからは、草陰から周囲の様子を警戒するペンギンの様子やチャンスとばかりに海に向かって小走りするペンギンが様子を間近に見られとても楽しめましたが、ペンギンの事を考えればビーチに降りられる時間帯の縮小は当然の規制と言えるでしょう。

残念ながらビーチには降りられなくなりましたが、夕方には30分に1-2羽ほどしか姿が見られないペンギンも、早朝には沢山見られます。オアマルに泊まるなら早起きして早朝のペンギン観察に出掛けてみてはいかがでしょうか。

-コラム
-,

Copyright© ウール100% , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.