ウール100%

気ままにニュージーランドについて綴るブログ

コラム

ウェリントンの新名所ウェタ・ケーブ、ロード・オブ・ザ・リングを手掛けたウェタ・デジタルのワークショップ

投稿日:2011年3月27日 更新日:

DSC01470

Weta Cave(ウェタ・ケーブ)は『ロード・オブ・ザ・リング』3部作や『アバター』などで、キャラクターのデザインや映像の特殊効果などを手掛けたWeta Digital(ウェタ・デジタル)の製作スタジオに併設された小さなワークショップです。2008年にオープンしたばかりの新しい施設で入場は無料です。

ウェタ・ケーブは、ウェリントンの中心部から北西にあるミラマー地区の閑静な住宅地の中にあります。住宅地の中ですが、バスを降りてから道を1本中に入ってすぐなので比較的わかりやすい場所です。

gollum-uruk-hai

建物の中に入るとゴラムとウルク=ハイという、とても接客上手とは思えない二人がお出迎えしてくれます。どちらも等身大であろう大きさで、ウルク=ハイは頭上から迫られてる感じでとても迫力があります。

DSC01460

ナズグルや騎士の甲冑もケースからはみ出すほどの大きさ。入口のゴラムは撮影する人が絶えない人気者です。

DSC01456

他にも、色々な作品に登場したキャラクターのフィギュア、ラスト・サムライで使われた刀などの小道具もウェタ・デジタルの作品だったようで展示されていました。

DSC01465

ワークショップ内では、特別限定版のフィギィアや関連グッズも販売もしていて、購入すると時々限定品のプレゼントが貰えたりします。

DSC01466

館内にある映写室では、定期的にウェタ・デジタルがこれまでに手掛けた作品をまとめたフィルムが上映されます。時間が決まっている感じではなく、お客さんの入り具合に合わせて上映しているようです。上映時間は10分くらいで、こちらも無料で楽しめます。

また、ガイド付きでスタジオ内が見学できるワークショップツアーも行われています。

ウェタ・ケーブへの行き方

ウェリントン駅やコートニープレースから2番のミラマー行きのバスに乗って約15分、バス終点から1つ手前で下車します。終点まで行ってしまっても1つ手前のバス停が見える程度の距離なので安心です。ツアーバスも出ているので、利用するといいかもしれません。

-コラム
-,

Copyright© ウール100% , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.