ウール100%

気ままにニュージーランドについて綴るブログ

コラム

紫外線対策、寒暖差対策、ニュージーランド旅行に持っていきたい衣類

投稿日:2016年7月10日 更新日:

ニュージーランドのUV指数は最高クラスです。また、気候は「一日に四季がある」と言われるほど一日の中で寒暖差を非常に感じます。

紫外線対策や寒暖差対策をしておくことで、ニュージーランド滞在がより快適になるので対策を意識して旅の準備をするといいと思います。

ニュージーランド旅行に持っていきたい衣類

紫外線対策にはUVカットの帽子がお薦め

UV指数が最高クラスのニュージーランドでは紫外線対策は必要です。中でもUVカットの帽子は紫外線を90%以上カットしてくれるので非常に効果的です。

UVカット機能のない帽子でもある程度の紫外線対策効果が望めますが、その場合でも色の濃い帽子でなければ効果は薄くなります。UVカットの帽子なら色の自由度も高く、遮熱対策も施されいるものもあるのでより快適に過ごせるのでお薦めです。

日差しが強いニュージーランドでは夏でも冬でもサングラスは必需品です。普通のサングラスでも機能的に不足はありませんが、偏光サングラスならギラギラ眩しい光をカットしてくれるので景色がより見やすくなります。

偏光サングラスとは、レンズに偏光膜を搭載したサングラスのことで、見ている対象物の周囲にある乱反射光(ギラギラ眩しい光)を取り除いて対象物が見やすくな効果があります。

冬だけでなく夏でも欲しいフリース

「一日に四季がある」と言われるニュージーランドでは、夏でも朝晩に肌寒く感じることがよくあります。特に南島では夏でも朝晩に暖炉に火を入れる地域があるほどです。

季節が夏だからと半袖ばかりを持っていくのではなく、寒い時にサッと着られる上着を必ず持っていきましょう。かさばらない薄手のフリースがお薦めです。

四季が逆転しても快適に過ごせるシャツ

南半球にあるニュージーランドでは、真夏にクリスマスを迎える日本とは真逆の四季です。日本とニュージーランドを移動する日には真逆の季節を移動することになりますが、そんな日でも登山用シャツを着ていると快適に過ごせたりします。

登山用シャツの中には、体の熱を保ちつつ汗をかいてもすぐ乾いて汗冷えしないという性質を持った、一枚で夏でも冬でも快適に過ごせるものがあります。これにフリースを組み合わせれば、余程の寒暖でなければ十分過ごせます。

おわりに

この記事を書いているときに何故かスワダの爪切りを思い出したのですが、ニュージーランドでは使いやすい爪切りが買えないので長期滞在する場合には忘れずに持っていきましょう。

忘れてしまって必要になった時には、オークランドのJapan MartやウェリントンのJapan Cityみたいなところで日本の爪切りが買えると思います。

紫外線対策、寒暖差対策をして快適なニュージーランドをお過ごしください。

-コラム
-,

Copyright© ウール100% , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.