ウール100%

気ままにニュージーランドについて綴るブログ

コラム

フランツ・ジョセフ氷河とフォックス氷河

投稿日:2017年3月13日 更新日:

ニュージーランドでは様々な場所で氷河が見られますが、中でもウエストランド国立公園内にあるフランツ・ジョセフ氷河とフォックス氷河は、アクセスが比較的簡単で、誰でも氷河観光が楽しめる場所として知られており、毎年多くの観光客がやってきます。

それぞれの氷河ツアーのベースはフランツ・ジョセフ、フォックスの町になりますが、2つの町は約25km(車で約20分)しか離れておらず、氷河ツアーの内容もほぼ同じなのでどっちの町に宿を取ろうか、どっちの氷河を見に行こうか悩んでしまいます。

今回はそんな2つの町と氷河について少しだけ書いてみたいと思います。

Franz Josef - フランツ・ジョセフ

フランツ・ジョセフは330人ほどが住む小さな町です。写真に写っている国道沿いのメインストリート(約500メートル)とメインストリートと平行して通っているcron st.の周辺が殆どという規模です。しかしながら、シーズン中には1日約2,000人もの観光客で賑わいます。

メインストリートにはツアーやアクティビティ関連のショップ、カフェ、レストラン、スーパーマーケット(Four Square)などが並び、cron st.には宿泊施設が集まっています。小さい町ですが滞在に必要な施設が一通り揃っているのでそれほど不便はありません。

町から700mほど南にある橋を渡ったところに、氷河へと続く道が整備されています。町から氷河末端部手前まで約5kmほどです。

フランツ・ジョセフ氷河

フランツ・ジョセフ氷河は、町の南部にある全長約12kmに及ぶ氷河です。氷河目前まで近づくことができます。

6号線からGlacier Rdの終点となる駐車場まで車の乗り入れが可能です。駐車場からブッシュの中を約15分進むと氷河の姿が見られるビューポイントに到着します(上の写真)。ブッシュで遮られた視界がビューポイントから一気に開け、眼前に氷河が見えると少し感動します。

そこから河原に降りると氷河手前まで近づくことができます。氷河までは約30分の道のりなので意外と時間がかかります。周辺の景色を見ながらゆっくりと進んでください。氷河手前に張られているロープから先へは危険なのでガイド付きツアーでないと入ることはできません。

町から氷河まで約5kmなので歩いて往復できますが、駐車場までは車やシャトルバスの利用がお薦めです。駐車場から氷河までは少し距離があるので、体力を考慮してブッシュ先まで行くか氷河手前までか行くかを選択するといいです。

Glacier Hot Pools

フランツ・ジョセフの町にはGlacier Hot Poolsという温水プール施設があります。氷河歩きで疲れた&冷えた体を癒すにはもってこいの施設です。

この温水プールは、町の中心部から僅かに離れた閑静な場所にあるのですが、プール周囲が木々に覆われていて雰囲気がすばらしいです。メインプールとプライベートプールがありますが、どちらかというとメインプールの方がよかったです。

フランツ・ジョセフで氷河ツアーに参加するとツアーによってはこの施設に無料で入れます。入れるのはメインプールのみですが、料金を追加してプライベートプールにアップグレードすることもできます。

Fox - フォックス

フォックスはフランツ・ジョセフから25kmほど南にある280人ほどが住む町です。少し離れたところに住宅地が少しありますが、写真に写っているメインストリート約300mがフォックスのほぼ全体です。フランツ・ジョセフよりさらに小さい町ですが、フォックスにもシーズン中は毎日約1,000人ほどの観光客がやってきます。

宿泊施設、カフェ、レストランなど一応ありますが、スーパーマーケットのような充実したショップはないのでフランツ・ジョゼフと比べると少し寂しい印象です。滞在するならちょっとした食べ物は用意しておいたほうがいいと思います。

町から約1.5km南にある橋を渡って約300m進むと、氷河へと続く道が整備されています。町から氷河まで5km強です。

フォックス氷河

フォックス氷河は、町の南東部にある全長約13kmに及ぶ氷河です。フランツ・ジョセフ氷河と同じく、氷河目前まで近づくことができます。

6号線からGlacier View Rdの終点となる駐車場まで車の乗り入れが可能です。駐車場から見晴らしのいい平坦なトラックを進むとすぐ氷河が見えてきます。

氷河までは約15分の道のりです。河川の脇に作られたトラックを歩くので足場は比較的良く、普段歩き慣れていない人にも歩きやすい道のりです。氷河手前に張られているロープから先へは危険なのでガイド付きツアーでないと入ることはできません。

町から氷河まで5km強とフランツ・ジョセフ氷河より少し距離はありますが、氷河まであと約1kmの地点にある駐車場まで車でいけるのでアクセスは容易です。歩いて往復するには少し距離があるので車かシャトルバスの利用をお薦めします。

氷河ツアー

2つの氷河で開催されている氷河ツアーに参加すると、もっと近くで氷河が観察できたり氷河の上を歩いたりすることができます。

どちらの氷河でも氷河先端部周辺のガイドウォーク、ヘリハイク、アイスクライミング、遊覧飛行などだいたい同じツアーが開催されていますが、フォックスの方がメニューが少し豊富です。

ツアーは、料金が上がるほど氷河の上部へ登れます。氷河先端部分は氷河と砂や泥がミルフィーユのように層になって濁り、上部に行く連れ不純物が減り美しい氷河が見られます。青白く輝く氷河が観察したいならヘリハイクやアイスクライミングの選択は必須です。

氷河先端部周辺のガイドウォークでは、氷河脇や氷河の上を歩いて氷河を観察します。氷河に近づくことで、遠くから氷河を見ていた時より氷河がはるかに大きいということが実感できます。この付近の氷河は全体的にミルフィーユ状のですが、クレパスで青白い氷河が見られるチャンスがあります。

ツアーは終始歩きになるので体力が少し必要です。駐車場から氷河までフランツ・ジョセフ氷河なら2.7km、フォックス氷河なら1.5km、これに氷河ツアーウォーキングが加わるのでトータルでかなりの距離を歩くことになります。

ヘリハイク、アイスクライミングでは氷河先端部から少し上の方に上がれるので氷河先端部よりかなり綺麗な氷河が観察できます。氷河着陸前に氷河上空を旋回してくれるので、渓谷を長く伸びた氷河の場所による表情の違いがよくわかります。

どっちの氷河を選ぶ?

2つの氷河は距離も近く、ツアー内容も大差がないのでどっちにしようか迷います。

私個人のお薦めはフォックス氷河です。フォックス氷河はフランツ・ジョセフ氷河より全長が少し長く(フォックスが約13km、フランツ・ジョセフ氷河が約12km)氷河の傾斜が緩やか、周辺が開けているので氷河が観察しやすいです。徒歩なら言うまでもありません(駐車場からフォックス氷河は約1.5km、フランツ・ジョセフ氷河は約2.7km)。

町の施設の充実度に比例(フランツ・ジョセフの町の方が充実)してフォックスの町には旅行者が少ないので、相対的にツアー参加者も少なく混雑具合が少ないというアドバンテージもあります。

しかしながら、これは車移動の場合に限る話でバス移動の方には町施設の充実度の点からフランツ・ジョセフ氷河をお薦めします。

おわりに

日本で氷河はまず見られませんが、ニュージーランドなら比較的簡単に見ることができます。

フランツ・ジョセフ氷河とフォックス氷河、どちらも見応えのある氷河なのでぜひ足を運んでみてください。

-コラム

Copyright© ウール100% , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.