ウール100%

気ままにニュージーランドについて綴るブログ

ニュース

ニュージーランド南島でM7.8の大地震が発生、首都ウェリントンにも被害

投稿日:2016年11月14日 更新日:

earthquake-20161113-wellington
photo from Earthquake Prediction

ニュージーランドで14日の午前0時過ぎにM7.8の地震が発生しました。震源地はニュージーランド南島にあるクライストチャーチから約90キロ離れたハンマースプリングス付近、震源の深さは約23キロ、2名の死者が発生しているようです。

カイコウラ周辺の被害が大きいようで、周辺の道路に亀裂や地滑り、付近の海岸では1.5メートルほどの津波が観測されたようです。

また、震源地から遠く離れた北島にある首都ウェリントンでも地割れなどの被害が発生しており、店舗や住宅の窓ガラスが割れたり、商品や家財が散乱したりといった被害も発生しているようです。

2011年2月にクライストチャーチ近郊で発生したカンタベリー地震は、ウェリントンでは体感で感じない程度の影響でしたが今回は少なからず被害が発生しています。当時、クライストチャーチとウェリントンではプレートが違うから影響を受けないという話を聞きましたが、今回は被害が出ているので2011年2月の地震とは違うプレートで発生したのかもしれません。

また今回の地震は、2011年2月の地震の規模M6.3と比較してもかなり大規模です。幸いにも都市部から離れていたこともあり今のところ被害の規模は小さいですが、道路や通信などのインフラへの影響はそれなりにありそうです。特にカイコウラ周辺の被害が大きいようなので、ピクトン~クライストチャーチ間の車やバスでの移動には注意が必要です。

M5を超える余震も発生しているようなので、現地滞在中の方、これから渡航される方は十分に注意ください。

-ニュース
-

Copyright© ウール100% , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.