InterCity FlexiPassはバス乗車にもワイトモケーブやマウントクック観光にも便利なバスパス

投稿日:2019年9月21日 更新日:

InterCity FlexiPassはバス乗車にもワイトモケーブやマウントクック観光にも便利なバスパス

ニュージーランド最大のバス会社InterCityには「FlexiPass」という便利なバスパスがあります。

FlexiPassは普通より安い運賃でバスに乗車できたり、2時間前までなら予約の変更を無料でできたり、バス乗車以外にも利用できたり(もちろんおトクに)、バス移動が主流のニュージーランド旅行を非常に快適にしてくれるものです

上手に使えば、とてもおトクに旅ができるようになるので紹介してみたいと思います。

※ 2019-20年夏シーズンに向け、内容を見直しました。

InterCity FlexiPass

FlexiPassの概要

FlexiPassは、バスの移動時間分の運賃を前払いで購入するという仕組みのバスパスです。通常バスに乗車する時は、運賃(お金)を支払いますが、FlexiPassの場合、運賃の代わりに所持している時間から支払いを行います。

例として、20時間のFlexiPassを購入したとします。オークランド-ロトルア間のバスは、乗車時間が6時間なのでFlexiPassから6時間を支払います。支払い後、FlexiPassの残高は14時間となるといった感じです。

バスの予約、FlexiPassの管理などは全てオンラインの専用予約サイトから行います。バスの予約・変更は2時間前まで可能で、変更しても変更手数料は取られないのでかなり自由に旅行のスケジュールが建てられるようになります。

FlexiPassの価格

FlexiPassは15時間から70時間まで5時間刻み、最長80時間が購入できます。持ち時間が不足した場合、3時間$35、10時間$95で追加できます。有効期限は、購入日から12ヶ月間です。途中で追加しても有効期限は伸びないので注意してください。

時間 価格 1時間あたりの価格
10 $95 $9.50
15 $132 $8.80
20 $172 $8.60
25 $209 $8.36
30 $245 $8.17
35 $282 $8.06
40 $319 $7.98
45 $355 $7.89
50 $389 $7.78
55 $425 $7.73
60 $459 $7.65
65 $490 $7.54
70 $490 $7.54
75 $515 $7.36
80 $545 $6.81

FlexiPassの詳細

移動時間分の運賃という考え方が分かりにくいかもしれないので具体的な例をあげてみます。

下記は15時間のプランとして挙げられてオークランドを出発してワイトモケーブ、ロトルア、タウポを経由してウェリントンへ向かうルートです。

15時間のFlexiPassを購入するとこのルートの通りに進まなければならないわけではなく、ルートを戻ったり、別のルートを進んだりは自由です。オークランド-ウェリントン間は15時間くらい必要ですよ、という例が挙げられているだけです。

まず、経由地毎の移動時間と概算運賃をまとめてみます。移動時間はInterCityのサイトに掲載されているネットワークマップ(PDF)で確認できます。移動時間に開きがあるのは、利用する路線により移動時間が異なるためです。概算運賃は、FlexPass 15時間の時間単価($8.80)に移動時間を乗算したものです。

ルート 移動時間 概算運賃
Auckland - Waitomo Caves 3:30-4:30 $30.80-39.60
Waitomo Caves - Rotorua 2:40-4:00 $23.41-35.20
Rotorua - Taupo 1:00-1:30 $8.80-13.20
Taupo - Wellington 5:50-6:50 $51.30-60.10
合計 12:40-16:50 $111.41-148.10

説明を分かりやすくするために移動時間に開きがある場合には少ない方の時間を利用します。

オークランドからワイトモケーブの移動時間は3時間30分なので乗車すると持ち時間の15時間から3時間30分を消費され、持ち時間の残りは11時間30分になります。

続いて、ワイトモケーブからロトルアに移動すると2時間40分消費され残りは8時間50分、さらにタウポまで移動すると残りは7時間50分になります。

こんな感じに持ち時間が消費されていきます。

最終的にウェリントンまで移動すると12時間40分から16時間50分かかる計算になります。実際に使うとミニマムに近い時間で行けると思うので、自分のプラント比較しながらプランとして挙げられているルートを選択するといいと思います。

FlexiPassはおトクなのか?

FlexiPassをおトクなのかを確認するために、同じルートをFlexiPassを使わずに通った場合の運賃まとめてみます。

表の「Standard」はキャンセルで返金のない格安運賃、「FlexiFare」はキャンセルで返金のある運賃です。運賃の比較は、こちらのページに詳しく書かれています。また、バスの中には、Standard運賃の設定がない時があるので、その場合にはFlexiFare運賃を適用します(表中は括弧で表示)。

ルート Standard FlexiFare
Auckland - Waitomo Caves ($113) $113
Waitomo Caves - Rotorua ($90) $90
Rotorua - Taupo $19-35 $26-45
Taupo - Wellington $40-64 $61-92
合計 $262-302 $290-340

どちらの運賃でも$260以上かかるという結果になりました。FlexiPassを利用した場合は15時間分の料金($125)で済むのでFlexiPassを利用した方がおトクであるということが確認できます。

ただし、Waitomo Cavesのような”人気の観光地”を経由するルートはStandard運賃がない場合があったり、FlexiFare運賃が通常より割高に設定されていたり、FlexiPassが有利に働く傾向がありますが、タウポ-ウェリントン間の様な”普通”の長距離移動をするルートでは逆転する場合があり、Standard運賃がある場合にその傾向が強いです。例えば、移動時間5.5時間のタウポ-ウェリントン間は、FlexiPassの場合、単価$9だと$49.5、単価$8だと$44ですが、Standard料金だと最安$40で済みます。

基本的にFlexiPassを利用すれば細かいことを気にしなくてもおトクに機能しますが、ルートによってStandard運賃が優位になる場合もあるので心の隅にでも留めておいてください。

FlexiPassを使うべきルート

バスルートの中には、FlexiPassを使うべきルートというのがいくつかあります。

それらは、InterCityのネットワークマップ上でSightseeing Tour Routes(観光ツアールート)と書かれているルートです。下記がSightseeing Tour Routesです。

  • オークランド-ケープレインガ
  • オークランド-ワイトモケーブ
  • ロトルア-ワイトモケーブ
  • パイヒア-ホキアンガ
  • クライストチャーチ-マウントクック
  • クイーンズタウン-マウントクック
  • クイーンズタウン-ミルフォードサウンド

上記ルートでは、Standard運賃がない場合があったり、FlexiFare運賃も割高に設定されているのでFlexiPassが非常に活躍します。

この中でもワイトモケーブとマウントクックは本数が少なく通常価格との価格差も大きいので必ずFlexiPassを使った方が良いルートと言えます。

FlexiPassはバス以外にも使えます

FlexiPassはツアーやアクティビティにも使え、料金も安く利用できます。ツアーの予約は、専用サイトにログインしてからツアーを選択し、オプションなどを追加購入します。

下記は利用できるサービスの一例です。

  • Auckland Sightseeing
  • Waitomo Caves
  • Mount Cook
  • Cape Reinga / Ninety Mile Beach
  • Milford Sound
  • Rotorua
  • Interislander Ferry

Interislander FerryはSaver Changeでも$65するところを3時間10分(約$26)で利用できるのでお得感が高いです。26時間前までの予約が必要です。

おわりに

ざっとFlexiPassを紹介してみましたが、FlexiPassはニュージーランドでバスに乗るなら買って使った方が便利でお得感も高いので非常にお薦めなバスパスです。

機会があったらぜひ使ってみてください。

-コラム
-

Copyright© ウール100% , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.