2019年1月7日から国際観光旅客税導入(1,000円)、航空券代金と一緒に徴収

投稿日:2019年1月7日 更新日:

2019年1月7日から国際観光旅客税導入(1,000円)、航空券代金と一緒に徴収

2019年1月7日から国際観光旅客税(いわゆる出国税)が導入されます。

国際観光旅客税は、観光先進国実現に向けた観光基盤の拡充・強化を図るための恒久的な財源を確保するために創設された税です。

国際観光旅客税の概要

観光先進国実現に向けた観光基盤の拡充・強化を図るための恒久的な財源を確保するために、「国際観光旅客税」が創設されました。
 「国際観光旅客税」は、原則として、船舶又は航空会社(特別徴収義務者)が、チケット代金に上乗せする等の方法で、日本から出国する旅客(国際観光旅客等)から徴収(出国1回につき1,000円)し、これを国に納付するものです。

国際観光旅客税の概要 | 国税庁

ニュージーランド航空では、2019年1月7日以降に発券される航空券と一緒に国際観光旅客税が徴収されます。別途、納税する必要はありません。

詳しくは、ニュージーランド航空ウェブサイトでご確認ください。

国際観光旅客税 導入のお知らせ - ニュージーランド航空からのお知らせ

-ニュース
-

Copyright© ウール100% , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.